介護業界で転職する前にチェックしておきたい3大ポイントとは?

介護業界で転職する前にチェックしておきたい3大ポイントとは?

介護業界における転職で絶対に失敗しないために!

転職成功に必要な3大ポイントを語る専門家


介護業界における転職は、今後の運命や生活を決定付けると言っても過言ではありません。

万が一おかしな職場に転職してしまえば、毎日ストレスで悩まされるだけでなく、体調不良に陥ってしまうかもしれません。

そこで今回は、介護業界の転職で絶対に失敗しないために、事前にチェックしておきたい3大ポイントについてまとめました。

本当に大切な部分なので、妥協することなくしっかりチェックしておきましょう!

1.まずはブラック企業かどうかを見極める!

絶対に転職で失敗しないためにまず始めにチェックしておきたいポイントが、「ブラック企業かどうか」という点です。

ブラック企業とは世間一般的な企業と比べて離職率が非常に高く、従業員に過酷な労働を強いている会社を意味しています。

さらに、ブラック企業の厄介な特徴として挙げられるのが、「外部から見た印象を良くするように取り繕っていること」です。

そもそもブラック企業は新しい職員が入ってきてもすぐに辞めてしまうケースが多く、人材をどんどん採用しています。このため求人票で過剰に好条件を提示していたり、メリットを過大にアピールしていたりする傾向にあるのです。

このため万が一異様に条件が良い介護職の求人を発見したら、まずは疑ってみることが大切です。

その他、ブラック企業は「頻繁に、あるいはずっと求人が出ている」という特徴があります。この点についても、しっかりチェックしておきましょう。

またブラック企業は、電話や職場訪問、面接などのファーストコンタクトの瞬間に、何らかの違和感を覚えるケースが多いです。その違和感の正体が何なにかを、徹底的に考えてみることも大切です。

スポンサードリンク


2.資格取得やキャリアアップを通して成長できるかどうか

転職後にキャリアアップを希望している人


介護業界で転職を成功させるためには、自分自身が成長できるかどうかがも重要なポイントだと言えます。

人間はそもそも、同じような事を繰り返していると飽きてしまう生き物です。成長やキャリアアップ、新たな資格の取得など、何らかの成長要因が無ければ、その職場で仕事を続けるのが嫌になってしまうかもしれません。

転職後に仕事を通して自分自身が成長できるかどうかは、本当に大切な部分です。このため求人票をチェックする時や、面接を受ける時には、以下のポイントを明確にしておきましょう。

1.キャリアアップの事例が多いかどうか

2.介護関連の資格取得をバックアップしているかどうか

3.昇給や昇格の定義が明確になっているか

4.アルバイトやパート、契約社員から正社員になった人が多いかどうか

5.新人に対する教育体制が整っているかどうか


これらのポイントは聞きにくいケースもあるかもしれませんが、職場見学をしている時であれば、意外とあっさり聞けてしまう場面もあるはずです。思い切って質問してみることで、良い話を聞ける場合も少なくありません。

3.職場見学で「職場の実態」をリサーチする

そして最後に欠かさず行っておきたいのが、職場見学で「職場の実態」をチェックすることです。

求人票やWebサイトを見ただけでは、職場が一体どんな雰囲気なのか、従業員の方々が生き生きと働いているかどうかなど、大切な部分が解かりません。

このため事前に必ず職場見学を行い、本当にこの職場で働いていけるかどうかをしっかり考えることが大切です。

介護職 求人TOPページに戻る


スポンサードリンク