福祉レクリエーション・ワーカーの概要や資格取得までの流れについて

福祉レクリエーション・ワーカーとは?その概要や役割について

福祉レクリエーション・ワーカーの資格取得者のイラスト


「福祉レクリエーション・ワーカー」は、公益財団法人の日本レクリエーション協会が認定している民間資格の1つです。

介護福祉施設だけでなく保育園や障がい者施設、地域サロンなどでも役立ちます。

対象者一人ひとりに適した活動プランを作ったり、個々のコミュニケーションをサポートしたりなど、利用者の楽しみや生きがいを支援していくのが主な役割です。

この資格は介護や医療の現場で広く認知されており、介護職員やケアマネージャーだけでなく、作業療法士や理学療法士、幼稚園教主、保育士など、様々な職種の方が取得しています。

福祉レクリエーション・ワーカーの資格取得で学べる事

福祉レクリエーション・ワーカーの資格取得にあたっては、以下の知識や技術を養うことが可能です。

・レクリエーション支援プランを、対象者一人ひとりに合わせて立てる知識

・対象者の状況やニーズ、そして欲求を把握する能力

・1対1のふれ合いや関わりを、支え合いへと導いていく力

・レクリエーション支援プランを成功させるために、他の職種と協調しながら進めていく力

・対象者一人ひとりのやる気や意欲を引き出すためのコミュニケーション能力


このような知識や技術を身に付けた上で、レクリエーションの具体的な内容を作成したり、活動プランを組み立てていきます。また一人ひとりの状況に合わせた活動のアレンジも、重要なポイントです。

スポンサードリンク


福祉レクリエーション・ワーカーが活かせる職場の種類

福祉レクリエーション・ワーカーの資格を活かして働く介護スタッフ


福祉レクリエーション・ワーカーの資格は、老人健康保健施設や特別養護老人ホーム、訪問介護、障がい者施設など、様々な職場で役立てることが可能です。

老人健康保健施設、デイサービス、特別養護老人ホーム

これらの介護施設は集団でレクリエーションに取り組むケースがほとんどですが、福祉レクリエーション・ワーカーは個々の現状とニーズを見極めた上で、一人ひとりに最適なプログラムを立てられます。

場合によっては作業療法士などの医療スタッフと協力し、対象者がより楽しく活動できるよう支援していきます。

訪問介護

対面でのコミュニケーションを大切にして信頼関係を築き、要介護者に寄り添った介護を実現できます。利用者の興味や関心の気持ちを引き出すことも、大切なポイントです。

障がい者施設

対象者一人ひとりの自尊心を十分に尊重した上で、現場に合わせたレクリエーションを構築します。対象者の潜在能力を可能な限り引き出すことも、重要視されています。

保育園、幼稚園

成長過程の子供達が楽しめるレクリエーションを導入することで、より充実した保育園生活が送れるようになります。また目標を達成するためのプログラムを実施し、子供達の成長を促進します。

福祉レクリエーション・ワーカーの資格を取得するまでの流れ

福祉レクリエーション・ワーカーの資格取得は、基礎資格である「レクリエーション・インストラクター」や「スポーツ・レクリエーション指導者」の資格を保有していることが原則とされているそうです。

資格の取得までは、以下の流れで進んでいきます。

1.公式サイトで養成コースの受講を申し込む

2.養成コースを受講する

レポート課題の提出や、集団学習、現場実習などで構成されています。

3.資格認定審査を受ける

筆記試験と実技試験を受けて、合否が判定されます。

4.資格の認定と登録

具体的な内容については、福祉レクリエーション・ワーカーの公式ページに掲載されています。

福祉レクリエーション・ワーカーの公式ページはこちら

介護職 求人TOPページに戻る


スポンサードリンク