介護職として長く働ける職場を見つけるために

介護職として長く働ける職場を見つけるために

介護職員が長く働ける職場とは、一体どんな職場なのか?

介護職員のイラスト


超高齢化社会が加速している日本では、介護職に携わる人材が今後も不足することが予想されています。さらに、介護職は他の職種と比べて離職率が高いと言われており、これも大きな問題となっていますね。

介護職員としてずっと活躍し続けるためには、まずは安心して長く働ける職場を見つけなければなりません。そんな長く働ける職場とは、一体どのような場所なのでしょうか。

介護スタッフが長く働き続けられる職場を見つけるためには、まずは「介護職員が転職や離職を決めた理由」から探る必要があります。

実際に介護職員が転職を決めた理由をリサーチしてみたところ、以下のような声が数多く見受けられました。

〇給料が低い。待遇に納得できない

転職理由で最も多かったのが、給料や待遇の低さです。介護職は肉体労働が多く、精神的にも大変な仕事が少なくありません。それなのに一般的な会社員と比べれば給料が低く、金銭的にギリギリな生活を続けている人もいるのが現状です。生活に直結する問題であり、これは介護業界全体の大きな課題だと言われています。

〇職場の人間関係で悩んでいた

職場の人間関係も、介護職員が転職を決める大きな要因です。人間関係は上司やスタッフ間のケースと、介護職員と利用者間の2つに大別できます。後者の場合、担当を変えるなどして問題を解決できますが、前者のスタッフ間の人間関係の良し悪しは、改善が難しいケースがあります。

〇スキルアップが期待できない

介護職は雑用が多かったり、日々のルーチンワークに追われたりして、なかなかスキルアップが期待できない職場も少なくありません。スキルアップできる環境が整っているかどうかも、長く働ける職場に大きく関係しています。

その他、雇用形態や働き方に納得できていなかったり、社風や会社の方針が合わなかったりなど、様々な理由で退職している人がいます。

転職理由を解決できる職場かどうかを、見極めることが重要!

介護職として長く働ける職場を見つけるためには、上記の離職理由や転職理由を解決できるかどうかを見極めることが重要だと言えます。

そのためには、まずは「職場に対して、自分自身が最も重要視していること」をしっかり考えておきましょう。

もし給料の高さや待遇の良さを重視しているのであれば、その部分を妥協してはいけません。もし妥協してしまえば、また転職を繰り返すことになります。

また職場の人間関係や雰囲気を最重要視しているのであれば、事前の徹底したリサーチが必要です。職場見学に行くのはもちろんのこと、口コミによる評判や、介護施設の利用者の声をチェックしてみましょう。

介護職員が活躍できる職場はたくさんありますが、働きやすい所もあれば、そうでない所も存在しています。

入職・転職活動は入念に行い、職場選びで失敗しないよう、十分に気を付けましょう。

介護職 求人TOPページに戻る

スポンサードリンク