介護職は無資格や未経験でも就業できるのか?

介護職は無資格や未経験でも就業できるのか?

介護の仕事は無資格や未経験でもちゃんと就業できるのか?

無資格や未経験でも介護職に就けるか考えている女性


介護職は一般的なオフィスワークと比べて、専門性が高い職業だと言われています。

ケアやサポートを行うのは、高齢者や障がい者、さらに身体の機能低下により日常生活に支障をきたしている方々です。要介護者の状態によってはサポートの内容も異なり、業務内容も多岐に渡ります。

このような一見特殊に思える介護職は、無資格や未経験でもちゃんと就業することが可能なのでしょうか。

無資格や未経験でも介護職員として就業することは可能

介護職は専門的なスキルが必要な仕事ですが、無資格や未経験でも就業することは十分に可能です。

もちろん、介護に関わる資格や経験を持っていた方が、就職や転職が有利になることは間違いありません。

しかしながら既にご存知の通り、日本は超高齢化社会の真っ只中にあり、ただでさえ介護職の人材が不足しています。

また介護職は離職率が高く、仕事がきついというイメージを持っている人も少なくありません。このため介護職にトライしたいという若者は、あまり多くないという現状があるのです。

介護関連の事業所にとって、人材不足は死活問題です。このためほとんどの事業所は応募者の資格の有無や経験を問わず、様々な職歴や経歴を持つ人達を受け入れています。

実際に介護の現場で働く人達の経歴をチェックしてみると、その内容は実に様々です。一般的な会社員がリストラされて介護職に飛び込んできたり、飲食業やサービス業から介護業界へ転職したりするケースも少なくありません。

有料老人ホームやデイザービスなど、無資格&未経験のスタッフが活躍できる場所はたくさんあります。このため何も経験や資格が無いからといって、尻込みする必要は全く無いのです。

介護の資格が無くてもトライできる仕事とは!?

無資格で介護職に挑戦しようと決めた人


では、介護系の資格が無くてもトライできる仕事には、一体どのようなものがあるのでしょうか。具体的な内容は以下の通りです。

1.介護事務所や介護福祉施設の受付

2.介護福祉士等のサポート業務

 ⇒ 食事の準備や介助、清掃、買い物、身の回りの世話、洗濯など

3.介護事業所のドライバーや雑務


この中で最も需要が高い仕事と言えば、2番のサポート業務です。介護事業所や介護福祉事務所では、介護福祉士等の有資格者が不足している所が少なくありません。このため、実務を行ってくれる人手が足らずに、困っているのが現状です。

また食事の準備や介助、身の回りの世話は、仕事量が多いです。たくさんやるべきことがあるため、どうしても人材が足りなくなってしまうのですね。

これらの無資格でも挑戦できる介護の仕事は、介護職員初任者研修や実務者研修、介護福祉士等の資格取得にも大いに役立ちます。

働きながら資格のために勉強し、数ヶ月後、数年後に資格を取得すれば、給料アップやキャリアアップを実現することも可能です。

介護職 求人TOPページに戻る

スポンサードリンク