サポート体制が充実した積水ハウスグループのサ高住

積水ハウスグループのサ高住について説明する人

サ高住は「サービス付き高齢者向け住宅」の略称であり、高齢者向けの賃貸住宅を意味していますが、自立型でサポート体制が充実しているとして、今注目されているのが積水ハウスグループのサ高住です。

この住宅の名称は「グランドマスト」。

2020年5月に確認した内容では、東京、神奈川、埼玉に合計32棟設置されており、”快適な住まいで、自由に、自分らしくくらしたい”というご高齢者の願いを叶えるべく、日本最大手の積水ハウスグループが作り上げました。

グランドマストには、一般的なサ高住よりも魅力的な特徴が豊富にあります。

・全国的に希少な自立型のサ高住

・部屋が広く、バリアフリー仕様

・キッチンやお風呂にも緊急ボタンが付いている

・食堂や共用スペースがある

・24時間見守りサポート付き

・日中は生活相談員がいる

住宅の専門家である積水ハウスグループが「ご高齢者向けの快適な暮らし」を本気で実現するために作り上げたという印象で、設備の内容やサポート体制が本当に充実しています。

また入居一時金や礼金、更新手数料も不要というお得なメリットもあるようです。

公式サイトでは具体的な間取りや月額費用なども掲載されているので、詳細はグランドマストの公式サイトをご覧ください。

グランドマストの公式サイトはこちら

積水ハウスグループのサ高住「グランドマスト」の魅力



積水ハウスグループの「グランドマスト」には、他のサ高住には見られないような魅力的なポイントがたくさんあります。

1.安否確認と緊急時における体制が構築済み

まずグランドマストでは、リビングアテンダーが1日に1回、安否確認を実施します。

また各居室には水量センサーや人感センサーが設置されており、異常を検知した緊急時には、すぐに人が駆け寄る仕組みが整っています。(日中はリビングアテンダーが、夜間は警備会社の担当者がお部屋に伺って安否確認を行うそうです。)

さらに、居室には緊急通報ボタンがあり、管理事務室と警備会社に異常を知らせることが可能です。

2.美味しいお食事サービス

グランドマストには食堂ラウンジがあり、朝と夜は手作りの温かい食事が提供されています。献立は栄養士が考え、旬の食材を使った料理も味わえるそうです。なお食事サービスを利用するかしないかは、自由に選択できます。

3.生活相談サービス

各サ高住のリビングアテンダーが、入居されている方の心配事や相談事を伺い、アドバイスや解決策を提示してくれます。さらに、来訪者の受付やタクシーの手配、宅配便やクリーニングの取次なども行っているそうです。

日本では全国各地に様々なサ高住がありますが、ここまでサービスやサポート大切が充実している所は滅多にないと思います。

気になるサ高住が見つかったらまずは無料の資料請求を行い、その内容をチェックしてみましょう!

グランドマストの公式サイトはこちら

介護職 求人TOPページに戻る

スポンサードリンク