介護職員初任者研修の資格内容や受講内容

介護職員初任者研修の資格内容や受講内容

モデルさんの写真

介護職員初任者研修とは、これから介護の仕事に従事しようと考えている方向けの資格(研修)です。

訪問介護の事業所や介護施設等で働こうとしている人たちが出来るだけすんなりと業務に携われるように、一定時間の研修が行われます。

昔は「訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修」や「介護職員基礎研修」がありましたが、平成25年4月からはこの「介護職員初任者研修」に一元化されています。

このため、既に「介護職員基礎研修」と「訪問介護員に関する1級・2級家庭」を修了している場合は、すでに「介護職員初任者研修」は修了していると見なされます。

取得するためには、各都道府県が指定した実施事業者の研修を受けます。実施事業者については、各都道府県に問い合わせましょう!

問い合わせ先

各都道府県や指定都市の福祉担当課、または社会福祉協議会

受講内容

1.職務の理解(6時間)

2.介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)

3.介護の基本(6時間)

4.介護・福祉サービスの理解と医療の連携(9時間)

5.介護におけるコミュニケーション技術

6.老化の理解(6時間)

7.認知症の理解(6時間)

8.障害の理解(3時間)

9.心と体の仕組みと生活支援技術(75時間)

10.振り返り(4時間)

さらに、1時間程度の筆記試験による修了評価も行われます。

 

介護職 求人TOPページに戻る

スポンサードリンク