船員保険とは何か?

船員保険とは何か?

健康保険には色々な種類がありますが、その中でもちょっとレアな医療保険が「船員保険」です。

これは「船員」の方、つまり勤務場所が船であったり、仕事のために長期間船で生活をしている方々が入るべき医療保険となっています。国民健康保険と同じ位置づけですね。

船員保険に加入している被保険者が、負傷や疾病、失業、行方不明、業務上の災害にあった時は、保険給付を行ってくれます。通常の健康保険と違うのは、業務上の災害や事故による場合でも、保険給付が行われるという部分です。

これは労災保険も使用するということであり、被扶養者に対しても、負傷、分娩、死亡に対する保険給付がなされます。

船員保険の保険者は、全国健康保険協会です。被保険者となれるのは、船員法で規定されている船員として、船舶所有者に雇用されている人です。具体的には、日本船舶やその他の船舶に乗り込む船長や会員、予備船員です。

海員とは船長以外の乗組員を意味しており、きちんと賃金が支払われます。予備船員とは、船舶に乗り込むために必要とされる人達で、船内で勤務していない人を意味しています。

また、船員保険の場合は、自宅以外の場所で療養に必要な宿泊と食事についても支給が行われます。

船という大変過酷な環境に働くために、一般的な健康保険よりも手厚い内容になっていると言えます。

 

介護職 求人TOPページに戻る

スポンサードリンク