好印象を与える履歴書の書き方

好印象を与えられる履歴書を書いて、転職成功へ!

転職活動中の人(モデルさん)

介護職で転職をする時、履歴書の提出は必要不可欠なものです。もし介護職として実績がある方でしたら、職務経歴書を書くのも良いですね。

履歴書には、自分の名前や住所だけでなく、これまでの経歴や前職の退職理由、志望動機、取得資格など、自分自身をアピールする書類になります。

粗末に書いてしまうと採用担当者の方に悪い印象を与えてしまい、採用を見送られる可能性が高くなります。

このため、できるだけ丁寧に、相手に好印象を与えられるように書きましょう。

好印象を与える履歴書の書き方

手書きで書く

パソコンが得意な方は、エクセルや専用のソフトを使って履歴書を作りたくなりますが、履歴書を書くときは手書きが基本です。ボールペンか万年筆を使って、一文字一文字、丁寧に書いていきましょう。

また、文字が間違えたときの修正液もNGです。文字を間違えた場合は、大変ですが始めから書き直すようにしましょう。また、間違えないようにするためには、予め「下書き」を作っておくと良いです。下書きを写して書くだけなので、文章間違いや文字間違いが断然減ります。

写真は写真館で撮影してもらう

スーパーなどにおいてあるスピード写真がありますが、これで撮影するとどうしても色褪せて見えてしまいます。

履歴書に貼る写真は、最寄の写真館や写真屋さんに行って撮影してもらいましょう。照明を使ってプロに撮影してもらう写真は、スピード写真とは全然印象が違います。

なお、服装はスーツを着て、髪型は清潔な感じになるように整えましょう。自然なスマイルで撮影してもらうと、さらに好印象になると思います。

空欄を作らない

履歴書は空欄を作らないのが基本です。要望等を書く部分で、特に要望が無い場合は空欄でもかまいませんが、その他の志望動機や自己PRの部分は、できるだけ空欄を作らないようにしましょう。

応募先が欲しい人物象を意識する

志望動機や自己PRを書く前に、「応募先の施設が、どんな人物を採用したいのか?」を考えるようにします。それを理解した上で、自分が合致する点、または目標とする点を探っていきます。

応募先の施設が採用したい人物像と、自分自身のキャリアや実績、目標が合致すれば、高い確率で採用されると思います。

 

介護職 求人TOPページに戻る

スポンサードリンク