お金に関わるトラブル事例〜介護の現場〜

落ち着いて対処!お金に関わるトラブル事例と解決策

これはどんな業界にも言えることですが、「お金」に関わる問題は、トラブルに発展しやすいものです。介護の現場においても、お金関連のトラブルはたくさんあります。

大切なことは、そのようなトラブルに対して、いかに正しく、落ち着いて対応できるかどうかです。事前にトラブル事例や解決策を認識しておくことで、問題が発生した時も冷静に相談や対処ができるようになります。

以下に、介護職の現場で発生しやすいトラブル事例をまとめていきますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

 親族による利用料の滞納

 介護サービス利用者にお金を貸したが、返してくれない

 妄想癖のある要介護者から、お金を盗まれたと疑われた場合

 すぐに転職・就職を決めたい時はこちら↓↓カイゴジョブ


 

介護職 求人TOPページに戻る

お金に関わるトラブル事例〜介護の現場〜エントリー一覧

親族による介護サービス利用料の滞納

介護サービスにおける金銭トラブルで最も大きいのが「利用料の滞納」ですね。介護サービスが絶対に必要な要介護者なのに、料金が支払われない・・・。このような状況は非常に辛いものです。利用料の滞納で問題になりやすいのが、ご本人ではなく親族の誰かが年金等のお金を管理している場合です。お金の管理を任されている人...

続きを読む

介護サービス利用者にお金を貸したが、返してくれない

<事例>高齢で一人暮らしの男性の家にホームヘルパーとして派遣されています。ある日、いつものように自宅に伺うと、朝から何も食べていないとのことで元気が無い様子。何か食べるように促すも、お金が無いので食品を買えないとのことでした。別居している息子さんは一人暮らしで出張に出ているらしく、しばらく来れないと...

続きを読む

妄想癖のある要介護者から、お金を盗まれたと疑われた場合

要介護の高齢者は、物忘れが多い人が少なくありません。ちょっとした物忘れだけなら良いですが、これに妄想癖が加わると大変です。実際には盗まれていないのにも関わらず、誰かにお金や大切な私物を盗まれたと言って騒がれることもあります。主に出入りしているのがホームヘルパーだけだった場合、物忘れが酷く、しかも妄想...

続きを読む