契約や個人情報に関わるトラブル事例と予防・解決策

契約や個人情報に関わるトラブル事例と予防・解決策

介護の現場で働いている時に発生するトラブルは、実際に仕事をしている時だけに限りません。契約や個人情報の取扱を間違えてしまうと、それが原因となってトラブルに発生してしまう恐れがあります。

契約のトラブルは、介護サービス利用者と事業所間でのトラブルもありますし、利用者が第三者との契約でトラブルに巻き込まれている可能性もあります。

また、個人情報の取扱については、自分の情報をどこまで伝えれば良いのか、さらに利用者について知り得た個人情報を第三者に決して話さないなど、注意すべき点がいくつかあります。

以下に、介護職の現場で働くにあたっての契約や個人情報に関わるトラブル事例と、その解決策などをまとめました。万が一のトラブル発生時のご参考になれば幸いです。

 利用者から頻繁に電話がかかってくる
 別居の親族から利用者の状況を詳しく聞かれる

 すぐに転職・就職を決めたい時はこちら↓↓カイゴジョブ


 

介護職 求人TOPページに戻る

契約や個人情報に関わるトラブル事例と予防・解決策エントリー一覧

利用者から頻繁に電話がかかってくる〜介護職のトラブル事例〜

<事例>利用者のBさんは85歳の男性で、アパートでの一人暮らし。奥さんは5年前に無くなっており、息子や娘達は他県に出ていて、滅多に帰ってきません。そこに半年前からヘルパーとして働いているAさんは、Bさんにとても気に入られてしまい、電話番号を教えて欲しいとお願いされます。一度は断るものの、ヘルパーとし...

続きを読む

別居の親族から利用者の状況を詳しく聞かれる

<事例>利用者のAさんは75歳。マンションなどを所有する資産家で、長男夫婦と同居しています。Aさんは再発の危険性がある病気を患っており、現在は自宅で生活しています。また奥さんは1年前にお亡くなりになっており、ホームヘルパーのBさんがその頃から自宅へ伺って介護に取り組むようになりました。Aさんには長男...

続きを読む