介護施設での看護師の業務内容

介護施設での看護師の業務内容

今、日本全国の介護施設にて、看護師の求人が増加傾向にあります。これは一重に介護施設が増えていることの表れであり、看護師の職場が広がりつつあることを意味しています。

介護施設での看護師の業務内容の中心は、入居されている高齢者の健康管理です。多くの介護施設では、医師を常駐させておくことができません。このため、看護師の方を雇い入れて、医師と連携を取りながら入居者の健康管理を行っています。

主な業務内容としては、服薬管理や介護支援、医師の指示に基づく応急手当などです。入居者様とは毎日顔を合わせることが多く、高齢者との人付き合いが得意な方にはおすすめの現場だと思います。

介護施設での看護師の業務の流れ

8時半〜
出社し、朝礼に出ます。申し送りや連絡事項をしっかりと確認します。

9時〜
入居されている高齢者の方々のバイタルチェックや経管栄養、吸引、インスリン等の医療措置を行います。一人一人に合ったケアをミスなく正確にこなすことが重要です。

12時〜
必要な入居者様に対して、食事介助や配薬介助を行います。

15時〜
入居されている方々の部屋を巡回し、コミュニケーションを取ったり、レクリエーションに参加したりして、楽しい団欒の場を作っていきます。また、処置が必要な方に対しては、適切な医療処置を行います。

17時〜
申し送り事項を記入して、帰宅します。

 

介護職 求人TOPページに戻る

スポンサードリンク