2017年1月から、働く介護者の残業を免除へ

2017年1月から働く介護者の残業を免除へ

2016年8月中旬。日本の厚生労働省は、以下の事と企業に義務付ける方針を決定しました。

「家族の介護をしている労働者は、残業を免除する」

つまり、Aさんが会社員として働きながら、プライベートな時間では要介護者である家族(父や母、祖父、祖母など)を介護している場合、Aさんは残業をしなくても良いという制度です。

厚生労働省は、このルールを会社ごとに就業規則に明記することを求め、万が一これに従わない場合、そして悪質な場合については、企業名を公表するそうです。

実施されるのは、来年(2017年)の1月から。この時に施行される「改正育児・介護休業法に基づく省令」にて制度がスタートするようです。

また、以下のような詳細条件も決まっているようです。

○介護される家族の状態は、要介護2以上が原則。(排泄や食事の介護が必要なレベル)

○パート勤務など、非正規労働者も該当する。

○制度を利用できる条件は、同一の企業で週3日以上の勤務を1年以上継続している人。

○申請できるのは1ヶ月〜1年間で、更新による期間延長も可能。

○症状が回復して介護が必要なくなった場合、または要介護者の方がお亡くなりになった場合は、残業の免除されなくなる。

この制度は、介護と仕事の両立が難しいと感じている方にとってはとても役立つと思います。

しかしながら、残業をしないことで給料が減ったり、同僚への負担を大きくしてしまうなどの問題も生じてきます。

また企業にとっては、残業を依頼できないことで困るケースが出てくるかもしれません。

このルールがスタートするにあたっては、会社側の努力と工夫が必要不可欠だと言えるでしょう。

 

介護職 求人TOPページに戻る

スポンサードリンク