保険外併用診療費の内容

保険外併用診療費とは?

日本では、医療保険が適用される保険診療と、全額自己負担になる自由診療を併用する「混合診療」は、原則として禁止されています。もし、自由診療を併用した場合は、保険診療部分も全額自己負担となります。

しかし、これでは海外の最先端の医療行為を受けることについて、大きな壁が立ちはだかってしまいます。この混合診療の禁止については、昔から方々にて不満の声が上がっていました。

そんな中、2006年10月には、混合診療の一部を例外として認めていた「特定療養費制度」が「保険外併用療養費」と名称変更されると共に、制度内容の見直しが行われました。その内容は、将来的に保険導入するかどうかの評価を行うための「評価療養」と、患者の選択によるサービスであり、保険導入を前提としていない「選定療養」の2つに大別できます。それぞれの内容は以下の通りです。

評価療養 選定療養
<医療技術に関わるもの>

先進医療(基準を満たして届け出た医療機関のみが実施できる。)

<医療機関の選択に係わるもの>

200床以上の病院での初診・再診

<医薬品・医療機器に係わるもの>

保険適用前の医療機器の使用
薬事法上の治験に係わる診療
医薬費及び医療機器の適応外使用
薬価基準収載前の医薬品の投与

<快適性・利便性に係わるもの>

予約に基づく診察
時間外診察
金属床による総義歯
特別の療養環境の提供(差額ベッド)
前歯部の材料差額

<医療行為等の選択に係わるもの>

180日を越える長期入院
制限回数を超えて受けた診療など


 

介護職 求人TOPページに戻る

スポンサードリンク