介護福祉士の職場の種類

介護福祉士の職場の種類

介護福祉士の職場は、高齢者向けの施設・事業所と、障害者のための施設に分けることができます。また、訪問方のサービスも需要が増しています。

高齢者向けの施設

 老人デイサービスセンター
高齢や病気のため自力による日常生活の営みが困難な方へ、訪問や通所で様々なサービスを提供する職場です。基本的な事業としては、日常動作訓練や生活指導、家族介護者教室などがあります。その他、入浴や食事、排泄などのサポートなども仕事の1つです。
介護福祉士は、このような事業の全般に大きく関わっていきます。

 養護老人ホーム
身体が弱い、同居家族が居ない、経済的な理由で生活が困難な65歳以上の高齢者の方々が入居されている施設です。常に介護を必要とする方は比較的少ないので、身体的な介助よりも、精神的なケアが求められるケースが多いようです。

 特別養護老人ホーム
痴呆症や寝たきりの状態のために、自分自身で日常生活を送ることが困難な場合、さらに自宅で介護を受けることが難しい方が入所している施設です。職員は、食事や入力、排泄等の日常生活に必要な介助を行うだけでなく、リハビリの介助はレクリエーションの指導も行ったりします。

訪問型のサービス

要介護者の自宅に訪問して、介護サービスを提供します。ホームヘルパーの派遣事業を営む施設であり、在宅介護支援センターや居宅介護支援事業者などと呼ばれます。

障害者向けの施設

 身体障害者養護施設

重度の身体障害者で、日常生活が困難な方が入所する施設です。相談に乗ったり、生活の指導をしたり、日常生活を援助したりします。身体障害者向け施設の中では、介護福祉士の活躍が最も期待されている職場だと言えます。

 身体障害者福祉センター
自宅で生活をしている身体障害者の方や、その家族の方々が集まり、交流していくための施設です。介護福祉士は、文化活動の支援やリハビリのサポートを行っていきます。

 身体障害者更正施設
身体に障害がある方を自立させるために、リハビリ等を行う施設です。社会的な自立も目指していきます。介護福祉士は、生活面での相談や介助も行います。

 

介護職 求人TOPページに戻る

スポンサードリンク